スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

田舎旅行 弓削島の旅 ②

今日はまちにまった船釣りの日です。ノビ部長とじーたんは岸でお留守番をまかされ、大好きな白身の魚が釣れるのを楽しみに待っています。

港まで行くと叔父と従弟が出航準備をしてくれていましたので、すぐに出発することができました。天気は徐々に悪くなりついには雨が降ってきました。しかし叔父の漁船にはテントがついており、雨の中でも釣りを楽しめることができみんな大喜びです。

午前中は沖に出てチヌや太刀魚をねらい、午後は島の近くでキスを釣りました。午後のポイントは父が艦長をしていた船が停泊しているの桟橋付近が、潮の流れが良くたくさん釣ることができました。

この日は大漁、釣った魚をすぐにさばいてお寿司やお刺身で、たこはそのまま茹でて足を丸かじりと、田舎ならではの贅沢な夕食でした。

翌日、東京に帰る日が来てしまいました。
帰りも岡山から寝台列車で東京へ、楽しい旅はもう少し続きます。

 
実家から見える海。晴れると四国まで見えます。
叔父の船に乗り、沖に出て釣り開始。
午後は父が船長をしていた弓削丸の周辺にてキス釣り。あの船には苦い思い出があります・・・
船の周りは潮の流れがよく、魚がよくつれます。


なごりおしく桟橋にいる魚を見つめる従甥、東京に帰りたくないノビ部長。
| naoki matsuishi | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

田舎旅行 弓削島の旅 ①

先日釣り好きの従甥を連れて、妻の生まれ故郷である瀬戸内海の弓削島に行ってきました。行きは東京駅からサンライズ出雲いう寝台列車に乗って岡山まで行き、そこから在来線に乗って尾道へ。

ここからは島を横断するためバスでの移動、最近は島と島を結ぶ橋が増えて来たため、弓削島の手前の因島まではバスで移動することが可能になりました。因島の外れにある港からはフェリー(小さい)で弓削島へ。

昔この辺りの映画で、学生が船で学校へ通う姿を見てカルチャーショックを受けたことがありました。その衝撃は映画男はつらいよで、とらさんが旅をしている風景を見て、日本にこんな生活をしているところがあるんだ、自分には一生縁がない世界だろうな、でも一度行ってみたいなと思う感覚に近いものがありました。

実際に島に行ってみると、幼い頃なんとなく「一度行ってみたいな」と思った映画のセットのような風景の中に自分がいることがとても不思議に感じました。良い意味で田舎なこの風景、小さな島々独特の町並みやスケール感など大切に残していって欲しいと思います。

ちなみに、弓削島がどのくらい田舎だというと、田舎を調査するTVの番組の所さんのダーツの旅で紹介されていました。通行人として父も取材をされたのですがカットされていました、残念。(妻の知り合いや近所の方はTVに出ていました。)

また、所さんの番組では紹介がありませんでしたが、島には信号がありません。もちろん電車もなく、おもな交通手段はバスになり、手をあげるとどこでも止まってもらえるそうです。ほかにも田舎っぷりは沢山ありますが、最近この環境が麻痺してきたのかすぐに思いつかなくなってきました。

島に到着後は、少し休憩し散歩に行きました。ノビ部長とじいたんは嬉しくて泳ぎすぎてしまい、午後はぐっすり寝ていました。

明日は楽しい船釣りです。

弓削島の旅 ②へ つづく

寝台列車に乗ると楽しい弓削島へ行けることがわかる賢いノビ部長と最後まで何もわからないじーたん。
古い町並みが残る尾道、一度ゆっくり歩いてみたいと思います。レインボーブリッジから見える景色も素晴らしいですが、晴れ晴れとした空、瀬戸内海に浮かぶ島々はまるで美しい絵画のようです。
泳ぎ上手なじいたんと必死に泳ぐノビ部長、水の中では立場が逆転します。2人とも泳ぎ疲れお昼寝中。
実家の前面道路は車がやっと通れるくらいなのに、一方通行ではありません。さすが信号が全くない島。

| naoki matsuishi | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

BARFOUT(バァフアウト)

ついにこの季節かやってきました。 

今年はニューアルバム・ライブ・ドキュメンタイー映画、最高です。久しぶりに矢沢永吉のドキュメンタリー映画が有りますので興味のある方は是非見て頂ければと思います。
| naoki matsuishi | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

お疲れさまワイン会

先週のワイン会のお疲れさま会と称して、また飲んでしまいました。昨日は6人という小規模な集まりのため、仕事のあと事務所に集まる事になりました。大好きなブルゴーニュやシャンパンなどどれも美味しかったのでつい飲み過ぎてしまい大変なことに。(8本)

今週は土日も仕事なので、良い気分転換になりました。

 
| naoki matsuishi | 21:24 | comments(0) | - |

コバルトの空

NEW SINGLE「コバルトの空」



6月3日に発売されるNEW SINGLE「コバルトの空」はストレートなロックナンバーです。ロックンロールでありながらシンプルで切なさが感じられる、そこには矢沢永吉しか表現出来ない究極の世界観があります。音楽と建築は表現の仕方は違いますが、我々もa not-DESIGNならではの世界観を表現していく事を大切にしたいです。

キシリトールガム
| naoki matsuishi | 18:15 | comments(0) | - |

友人の仕事

a not-DESIGNを設立する前に勤めていた事務所で一緒に仕事をし、お互いに独立して設計事務所を主宰している友人の建物が竣工したので、西田と見学に行ってきました。

前事務所で同じプロジェクトの仕事はした事は有りませんでしたが、年が同じという事もあり、飲みに行ったりお互いの悩みを相談し合う中でした。今でもこのような機会や新年会、忘年会など何か理由をつけては飲みに行ったりします。

今回見学した高台に建つ家は、a not-DESIGNの創りだす空間とはちがう、やさしい温もりと、気持ちの良い広がりを感じることができました。

お互い創る建築や思想は違いますが、この建築という世界の中で一緒に頑張っていきたいと思います。





設計 坪井当貴建築設計事務所
| naoki matsuishi | 09:39 | comments(0) | - |

アノットデザイン5周年を祝うワイン

先日、前から気になっていたマルゴー村産の試飲会に行ってきました。
実はこの企画、アノットデザイン5周年を祝うワインを探すためヴィラージュ成城石井ソムリエの安藤さんに「設立した年2004年産のワインで5周年を祝いたいので」と相談したところ、「とりあえず飲んでみて決めましょう」と2004年産を集めた水平試飲会を開いて頂きました。

今回用意して頂いたのは、マルゴー村赤ワインの6本です。赤ワインはブルゴーニュが好みなのですが、さすが5大シャトーであるシャトーマルゴーは素晴らしかったです。また、シャトーパルメはシャトーマルゴーにも負けず、香り、なめらかな舌触り、そしてふくよかさがたまりませんでした。

さて本題のワイン探しですが、高いワインは美味しいことは良くわかりましたがそんな贅沢はできません。5周年では今回の試飲会で1番人気があった、あのワインに決めました。
10周年では5大シャトーで祝えるようになりたいと思いました。(冗談ですが本当に飲めたらいいな。)

ここのところ1ヶ月近く休みがなく疲れもたまっていましたが、探していたワインも見つかり、ちょうど良い気分転換になりました。

安藤さん、いつもありがとうございます。このワインは7月に所員みんなで大事に飲ませて頂きます。

1.2004 CH.Cantenac Brown / シャトーカントナックブラウン
2.2004 CH.Durfort-Vivens / シャトーデュルフォールヴィヴァン
3.2004 CH.Giscours / シャトージスクール
4.2004 CH.Brane-Bantenac / シャトーブラーヌカントナック
5.2004 CH Palmer / シャトーパルメ
6.2004 CH Margaux / シャトーマルゴー



1.2004 CH.Cantenac Brown / シャトーカントナックブラウン

2.2004 CH.Durfort-Vivens / シャトーデュルフォールヴィヴァン

3.2004 CH.Giscours / シャトージスクール

4.2004 CH.Brane-Bantenac / シャトーブラーヌカントナック

5.2004 CH Palmer / シャトーパルメ

6.2004 CH Margaux / シャトーマルゴー


| naoki matsuishi | 12:48 | comments(0) | - |

ROCK'N'ROLL 矢沢永吉 始動開始 東京ドーム 9.19

今朝パソコンを立ち上げると、YAZAWA CLUBより『矢沢永吉東京ドームコンサート決定』いうメールが飛び込んで来た。
まさか!!
今年は60歳という節目の年。9月にど派手なビックイベントのサプライズがある事は、ファンなら誰でも望むはず。そういう要望に想像と期待を超えたスケールでファンを圧倒させるのか「矢沢永吉」である。

しかし、えーちゃんのステージを再び東京ドームで見れるとは。
思い出せば20年前、小学校の頃から憧れ続けたえーちゃんのステージを初めて見たのがこの東京ドーム。そしてこの時初めて味わった、緊張感と本気感が伝わってくる乾いた空気。高校生だった自分は「こんなカッコいい大人になりたい、えーちゃん最高!」と本気で思った。

東京ドームではステージと客席の距離が遠いことがファンとの一体感が損なわれるという理由で、翌年から東京でのライブは武道館に戻す事になった。

そして20年ぶりとなる東京ドーム。
あの時感じた「こんなカッコいい大人になりたい」という思いは、本気で生きる事、こだわりを捨てず、妥協をせず、決してあきらめない事が自分がやりたい事をやり続けられる唯一の方法。そして自分を必要としてくれる人の為に、精一杯答えて行く事が大事であるということかもしれない。

そして今でも「こんなカッコいい大人になりたい」という思いは変わらない。

| naoki matsuishi | 15:09 | comments(0) | - |

ニューアルバム

待ちに待ったU2のニューアルバムが2月25日発売です。常に新しいものを創り出し、聞く人すべてに衝撃と感動をあたえられるU2。私も建築という仕事を通して感動を伝え続けられるよう頑張りたいと心から思います。


今までにない全く新しいサウンドに仕上がったアルバムは、新たな歴史と記録が出来るのは間違いないです。
| naoki matsuishi | 14:36 | comments(0) | - |

八ヶ岳にペンキ塗りへ -②

八ヶ岳2日目、今日は天気も晴れ絶好のペンキ塗り日和です。朝ご飯のあと早速ペンキ塗りをしました。




自然の中散歩を楽しむノビ部長とじい係長


吉村順三が設計された、八ヶ岳高原音楽堂



上:デッキを塗装する西田と義兄。 中:塗装終了。 下:ペンキ塗りを終え信州そばとてんぷらを楽しむ。
| naoki matsuishi | 10:57 | comments(0) | - |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM