スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

yokohama-2

 もう一ヶ月近く前の話ですが・・・早朝5時頃に「みなとみらい」周辺をブラブラする機会がありました。なんでそんな時間に・・・というのは置いときまして、なんだか無性にブラブラしたくなったのです。

お決まりのコースを散策したのですが朝5時、と言う事がありほとんど人がほとんどおらず、ジョギングしている人がチラホラ。いつもとは全く違う空気感でした。

関内駅から歩いて、まずは

ご存知、日本丸です。(日本丸メモリアルパークにて)
(携帯で撮影したので写真がイマイチです。)

ご覧の通り、だ〜れもいません。聞こえるのはさざ波のチャプチャプ・・・という音とボッボッボッボという遠くから聞こえる小船のエンジンの音だけ。「みなとみらい」を独り占めしているような気分です。観覧車の時計は05:18分を示しています。
(日本丸:進水1930年 退役1984年)

ここから臨港パークまで歩いて、ベンチで一休み。いや〜ほんと誰もいません。こんな「みなとみらい」に出会うのは初めてです。



そうだ赤レンガのほうまで歩いてみよう。赤レンガから大さん橋(横浜港大さん橋国際客船ターミナル)のほうを見ると・・・



なんと帆船が二隻も停泊している!こんな珍しい事はめったに無いのでは!これは大さん橋まで歩くしかない!(赤レンガから大さん橋までは近く感じますが歩くと以外と遠いです。)

※大さん橋国際客船ターミナルは国際デザインコンペにより660作品の中から選ばれました。スペイン出身のアレハンドロ・ザエラ・ポロとイラン出身のファッシド・ムサヴィ両氏の作品が選ばれました。両氏はオランダの設計事務所 OMA で勤務していました。屋上を芝生とデッキの公園として開放した画期的なターミナルです。ここから眺める景色が素晴らしく大好きな場所です。



やっと着いた・・・何ていう名前の船だろう・・・「日本丸・・・?」あれ?日本丸はさっき見てきたばかりなのに・・・。後々調べてみるとこの船は「日本丸鏡ぁ廚猫祇い引退してから航海練習船としての役割を引き継いだそうです。ちなみに後ろの船は「海王丸」といい、こちらも鏡い任靴拭なぜこんなに帆船が集合しているのかというと、明後日に控えた「海の日」を祝って行われる登檣礼(とうしょうれい)という儀式の為に集まっていたようです。当日全ての帆船が帆を広げ、正午には汽笛を一斉に鳴らすのだそうです。
(日本丸鏡ぁЫ航1984年〜)
(海王丸鏡ぁЫ航1989年〜)



反対側には大きな客船が!煙突からモクモクと煙を出しています。「この船の名前は・・・?え・・・にっぽん丸・・・冗談でしょ?」そうなんです、この船も「にっぽん丸」なのです。だたし「にほんまる」と「にっぽんまる」の違いはあるのです・・・。
(にっぽん丸:進水1990年〜)

帰り際に大さん橋のふもとにある「海員生協」にて立ち食いうどんを食べて帰りました。こんな時間から店内はタクシーの運転手や港関係者、釣り客で賑わっていました。

とにかく「夜更かしは三文の得」。二時間ばかりの散策でしたが、贅沢でいつもとは違う時間の流れ方を感じた二時間でした。

今日からベイスターズを応援しよう・・・。
| tomofumi nishida | 08:00 | comments(1) | trackbacks(0) |

誕生会 in 成城 お寿司屋にて

去る10月17日にアノットメンバーが私(西田)の誕生会を開いてくれました。場所は成城駅近くのお寿司屋さん。このお寿司屋さんはa not-DESIGN設立4周年記念を開催した特別なお店です。まさかこのお店を予約してくれていたとは・・・。早速ビールと白ワインで乾杯、前菜盛り合わせが運ばれてきました。

日本の「秋」を見事に表現した美しい盛り付け。どれも絶妙に品の有る味付けで、とてもおいしかったです。「日本人で良かった」と感じる瞬間です。

刺身二点盛り!今(当時)が旬のカツオと「わらさ」脂がのっていて最高です。わらさは出世魚でこの後「ぶり」になるそうです。

タラバ蟹!レモンを絞ってさっぱり頂きました。まさにsimple is bestを堪能。贅沢です。

海老の天麩羅!肉付きが良くブリッブリでした。あまりにもカラッと揚がっていたので尻尾までガリガリ完食してしまいました。ビールが進みます。

お寿司8点盛り!4周年記念の時もそうでしたが、これだけのタレントが揃うとどれから頂くか迷ってしまいます。皆で牽制し合いながら黙々と・・・。皆ウニをファイナリストに選んでいました。

アナゴの握り(大)!恐らくアナゴが好きな僕の為にオプションだったと思います。丁寧に下ごしらえされたアナゴはフワフワでとろけてしまいます。とてもおいしかったです!

松茸の土瓶蒸し!ここまで来ると言葉も出ません・・・。蓋を開けた瞬間、「秋」の風景と松茸の香りが広がります。お猪口に注いで五感で楽しみます。こんなに贅沢をしても良いのでしょうか?

最後にデザートを頂き、お腹も心も満腹になりました。密かに企画を進めてくれたa not-DESIGNの皆さん、本当に有難うございました。良い一年になるよう頑張りたいと思います。


来年も・・・。
| tomofumi nishida | 10:04 | comments(0) | - |

市役所の食堂

先日、小田原市役所に行く機会がありました。用事を終えて時計を見るとちょうど12時。次の打ち合わせまで時間も無いという事で市役所の食堂で昼食を摂る事にしました。私(西田)は食堂があるような企業に勤めた事がなく、学生時代も昼食は外食か弁当だったので「食堂」と言う響きに妙な憧れがあり、つい興奮してしまいました。トレーを持って「隣、あいてる?」このセリフにはかなり憧れます。食堂初心者の私には言えるはずもありません。いざ食堂のある7階へ。



近辺には高い建物があまり無く、7階といえどもちょっとした展望台のような空間です。この日は一日中曇りだったので少し残念でした。

食堂と言えば「うどんとミニ丼ぶりのセット」という勝手イメージを持っていましたが、レトロなアルミの皿に惹かれ「カツカレー」を注文しました。



ライスの量を見てください。値段の割にかなりのボリュームがあり、満腹になってしまいました。表現が正しいか分かりませんが「合宿で食べたカレー」。家庭的で懐かしく、とてもおいしかったです。仕事柄、役所に行く事がよくあるので「役所食堂めぐり」も悪くないな、と感じた一日でした。






| tomofumi nishida | 07:00 | comments(0) | - |

夏祭り

先週末実家に帰ったところ、ちょうど団地の夏祭りをやっていました。母が近所のおばさん達とフランクフルト屋を出店していた関係もあり、小さい頃は毎年参加していました。この歳になるとなかなか行く機会が無くなってしまいます。

小さい頃は盆踊りの音が外から聞こえてくるだけで心が躍っていたものでした。今でも「ああ、今年もそんな季節か」としみじみしてしまいます。

今年は甥達がこのお祭りに行くとの事だったので良い機会だと思い、兄達と同行する事になりました。

昔と比べるとやはり子供達も出店の数も少なく、少し寂しく思いつつみんなでブラブラ。

そんな中、どこか見覚えのあるおばちゃんが盆踊りを踊っているのを発見。名前は知らないけどそのおばちゃんを見た途端、なぜかとても懐かしい気分になりました。


兄が一言「あのおばちゃん、今も踊ってんだ・・・。」

そうだ、あのおばちゃんは昔から子供達をリードしながら祭りの間中ずぅっと踊っている人だ。

子供の頃から毎年見ていたので僕の記憶にも兄の記憶にも自然とすりこまれていたのだろう。

曲はドラえもん音頭からアンパンマン音頭に変わっていたが、おばちゃんの笑顔は今も変わっていなかった。

| tomofumi nishida | 08:23 | comments(0) | - |

地図にのこる仕事

現場や打合せ場所などを調べる為にインターネットの地図をよく利用するのですが、たまたまyamaguchi f-houseの住所を検索した所、地図上に掲載されているのを発見しました。形は実際と多少異なっていましたが「地図にのこる仕事」という言葉を改めて実感した瞬間でした。



最近は航空写真も気軽に見れるようになっていて今まで竣工した物件を航空写真で見てみました。
niigata n houseもしっかりと写っていて、saitama i houseは中庭が街の中にポッカリと開いた口のように見えます。
おもしろかったのはnagoya t houseでちょうど基礎を打設し終わった時に撮影がされたらしく、基礎形状だけが鮮明に写っていました。今後「完成」するのを密かな楽しみにしたいと思います。
サイトによっては世界の航空写真を見ることができるのでちょっとした旅行気分を味わう事ができます。虚しさも残りますが。自宅や事務所の周辺などを見ても新たな発見があっておもしろく、お暇な時にはおすすめです。
| tomofumi nishida | 22:30 | comments(0) | - |

フットサル ユニフォーム完成!

またまたサッカーネタとなってしまいましたが・・・皆様お待たせ致しました。ついにユニフォームが完成しました!

想像通りかっこいいユニフォームとなりました。背番号やエンブレムなど細かい所にも気が配られたデザインとなっており本物感が伝わってきます。メンバーの皆様には次回お会いした時にお渡ししたいと思いますので、楽しみにお待ち下さい。なんとかスケジュールを合わせて大会に出ましょう。その前になまった体をほぐさねば・・・。
| tomofumi nishida | 21:23 | comments(0) | - |

雑誌取材

a not-DESIGNのホームページに新たにpublicationのコーナーを設けました。このコーナーには今までa not-DESIGNが掲載された雑誌を紹介していきます。今のところ3誌と少ないのですが、新たに掲載される予定も既にあり、随時更新していきたいと思います。

今年の1月にもsaitama I houseにて某雑誌の取材がありました。


写真はsaitama I houseの取材風景。ライター、カメラマンが取材に訪れ、Iさんには実際住まわれての感想やこだわった所、我々には設計コンセプトや工夫した点などの取材が行われました。

我々がホームページ等などで掲載させて頂いている「竣工写真」は、「建物自身の持つ力」を記録する為、最小限の家具のみを配置し撮影します。今回の取材では住まい手のパーソナリティーが重要視され、生活されているままを撮影させて頂きました。建物と住まい手が融合し、「竣工写真」とは一味違う仕上がりになると思います。発売が今からとても楽しみです。詳細な雑誌発売日が分かり次第ホームページ等で報告させて頂きます。


取材に協力して頂いたIさん、また関係者の皆様有難うございました。
I邸を訪れる度にとても大切にして頂いている事を感じ、嬉しく思います。
| tomofumi nishida | 18:28 | comments(0) | - |

Yokohama-1

横浜(桜木町)は私の好きな場所です。時間がある時は桜木町に行く事が多く「出掛ける=桜木町」と言ってもいいぐらいです。海や空を眺めながら綺麗な街を歩いていると、開放的でなんだか得した気分になります。写真は有名な「横浜赤レンガ倉庫」。普段何気なく訪れている赤レンガ倉庫について少し調べてみました。

1911年に2号倉庫(写真左)、1913年に1号倉庫(写真右)が創建され貿易の要所として栄えました。先にできた倉庫がなぜ2号??その理由は「竣工の時期ではなく、港に近い方から1号・2号・・・と呼ぶ」のが当時の習慣だった為、と言われています。1945年終戦直後には米軍の総司令部が置かれた場所でもあります。その後、貨物のコンテナ化が主流となったり、物流拠点の移動などにより1989年には倉庫としての役目を終え、横浜のシンボルとして静かに佇んでいました。その倉庫をウォーターフロントを作り出す計画を進めていた横浜市が1992年に国から取得し、保存・活用工事が行われました。そして2002年に現在の姿である観光名所として生まれ代わりました。ただ保存するのではなく積極的に活用する事で歴史と現代が融合した生きた空間となり、広場は毎日多くの人で賑わっています。2棟の間からは大さん橋、その奥にはベイブリッジが姿を見せています。大さん橋もとても素晴らしく、今後ブログにアップする予定です。
| tomofumi nishida | 12:49 | comments(0) | - |

フットサルチーム結成!

この度、いつもお世話になっている皆様とフットサルチームを結成しよう!という企画が持ち上がりました。ユニフォームは既に決まっております。バラックの所属するプレミアリーグchelseaアウェーのユニフォームです。添付写真を参照して下さい。サッカーのユニフォームとしては珍しい蛍光色の黄色を採用した斬新なデザインとなっております。既にメンバーは10名を超えております。当面の目標はビギナーズクラスでの優勝です。ご興味を持たれた方はお早めにお問い合わせ下さい。(人気の背番号は早い者勝ちです!)皆様のご参加をお待ちしております。
| tomofumi nishida | 22:50 | comments(0) | - |

北向きの窓

a not-DESIGNの事務所の窓は北を向いています。一般的に「北向きの窓」と聞いて良い印象を持たれる方は少ないと思いますが、安定した良い光が入ってきて、日中は照明を点けずに作業をしています。この季節の夕暮れ時には空が夕焼けに染まる事があり、作業の手を止め思わず見入ってしまう事もあります。
| tomofumi nishida | 20:04 | comments(0) | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM